究極のクレープ プチラパン【北海道苫小牧】◆賞味期限1分!フランスの厳選素材使用の贅沢クレープ♪


「ぐるなび」さんにお声掛けいただき
食通の厳選グルメマガジン『メシコレ』で
記事を書かせていただいてます。

1/5に新しい記事をアップしました!
よろしければご覧ください♪ ↓
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/11856/



先日『食べ歩きブログ』の方で紹介した
苫小牧ドライブ


関連記事→ ◆超穴場!5500匹の蝶と沖縄料理が堪能できるお店◆


穴場のお店で美味しい沖縄料理のランチを終えてから
「苫小牧市科学センター」に立ち寄り、
食べてみたかったクレープを食べるため
「プチラパン」さんに行ってきました♪


厳選素材を使用した
『究極のクレープ』を紹介しますヾ(●´∀`●)


DSCF5871.JPG

巻紙クレープ
「いちごのショートケーキ」1180円

※1日限定5個

DSCF5870.JPG

限定数が少なかったけど運良くありました♪
完全無添加の生クリームを使用しているため、
なんと賞味期限1分!
断面をお見せできないのが残念ですが、
中にもたっぷり 苺とふわふわのスポンジ、
生クリームが入っています。
チラっとかかっている「苺ソース」は自家製。
クレープはいつも半分を過ぎた辺りから
甘ったるくなってしまうワタシですが、
これは違った◎
クレープ生地、スポンジ、生クリーム、苺ソース
全てが甘さ控えめ。
そして食べ切った後も口に残らないところを見ると、
上質な原材料を使用しているのだと思います。
他店のものより苺が多かったのも良かった♪

ランチ後にケーキ等を食べたら
その日の夕食はかなりの確率で軽め。
(食欲が出ないから)
でもこの日はサーっと砂糖が身体の中から消えていったので
普通に食欲がわきました

ボリューム・満足感がありながら身体には残らない。
ちょっとお値段は張るけど上質な美味しさ♡



DSCF5873.JPG

「究極のクレープ スタンダード」1000円
(ドリンク付)


DSCF5874.JPG

初来店だったので一番シンプルなこちらも♪
国産の5倍ほどの価格のフランス産『エシレバター』を生地に塗り、
更にトッピング。
砂糖はフランス産『カソナード』(サトウキビ100%のお砂糖)、
塩は同じくフランス差『ゲランド塩』を使用。
原材料はこれらに加えて卵のみ。
シンプルが故に素材それぞれの味が引き立っています。
バターの香りがなんとも芳醇♡
こちらも厳選素材使用の為、
ものすごく軽くて身体に残らないかんじ♪
ドリンクはアイスコーヒーを選択。
程良い濃さで美味でした

このクレープは店長さんが2000枚もの試作を重ね
やっと辿りついたのだそう!
スゴイですね☆

DSCF5857.JPG

DSCF5863.JPG

DSCF5862.JPG

DSCF5866.JPG

DSCF5860.JPG

パスタやピザのお食事も有。

「パルマ産生ハム」、「パルミジャーノレッジャーノチーズ」など
こだわりのフードメニューもありましたよ(。◔`◡◔+)

DSCF5867.JPG

「熟成ブラックアンガス牛肩ロースステーキタリアータ(150g)を含む、
14:00までの
『贅沢ランチセット(6400円)』もアリ。

DSCF5865.JPG

DSCF5864.JPG

来店時はテイクアウトの先客1名。

食べている間にもテイクアウトの親子連れが来店していました。

なのでほぼ貸切状態で
ゆったり過ごすことができましたよ~


DSCF5856.JPG

DSCF5855.JPG


2Fには窯焼きピッツァの「ボナセーラ」さんが
入っています。



ちなみに「ガレット」には
北海道幌加内産そば粉を使用。

専用に超粗挽きに挽いてもらったものを
農家さんから
直接仕入れているそう◎



チーズはミックスチーズ等は使用せず
スイス、イタリア、フランスの厳選チーズを使用するなど
至るところにこだわりが( ☌ω☌)


価格にとらわれず
ここまで厳選素材を惜しみなく使っているお店は珍しい☆

1度本物を味わってみると
これからの世界観が変わるかもしれませんね
ヾ(●´∀`●)



ランキングに参加しています
\応援クリックお願いします^^/




【究極のクレープ プチラパン】

北海道苫小牧市拓勇東町4-2-6
TEL◆0144-57-7559
営業時間◆11:00~18:30
定休日◆不定休(月4回程)

駐車場◆有



この記事へのコメント

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...